ZR’s Log

Twitterで書くには長過ぎる話を置いておく場所。TrySailからクウガやゲームまで、思いついた事をメモのように書き連ねていきます。

LAWSON presents TrySail Second Live Tour “The Travels of TrySail” calling at Makuhari Day2

今日は昨日とは違っていた。当たり前の話だ。だが、それを口にしたくなるほどだった。



連番者の帰還。ファイナルを一人で迎えたくはなかった。彼の始まりは1st tourファイナルで、巡り巡った今日がとても意味あるものに思えてならなかったからだ。これからも、共に見届ける為に。



昨日より少し高めな位置で、その時を迎えた。



1.TAILWIND

これまでのツアーの公演が、ファイナルの追い風となる。

まるでこのツアーの様子のような歌詞が、TrySailのこれまでを、そしてこれからを繋げてくれる。


2.whiz

分岐点、今はこのライブの終わりよりも、もっと先にある気がする。

風を切る彼女たちの声が聴こえる限り、迎えることはないのだと。


3.Baby My Step

やっぱり楽しいんだよなあ。

なんだかんだで付き合いの長い曲なのだけど、そうは思えないほど、毎回毎回が新鮮。


4.バン!バン!!バンザイ!!!

この曲だけブレードは両手に分けようかと思った。

思いっきりバンザイをするのってすごく開放感があるというか。伸びなのでいい体操にもなって、ここから先に向かってギアを上げていくような感じ。


5.ホントだよ

変速間違えました。

3速!ぐらいのつもりが5速!になってしまっている。

久々の良くできましたで僕らは満足。


6.花に赤い糸

最終日に全員新曲パターンだと思っていたのを昨日破られて、今日は何を歌うのだろうと思ったらまさかの。

好き瞬をまた見たくなった。

少女の可憐さが見事に表現されていて、本当にすごいなと。


7.パレイド

初です。

噂には聞いていたけど、なんて重たい歌詞なんだろう。最後に少しは希望があるけど、この曲の主人公の行く先にはまだまだいろんなことが待ち受けているんだろうなあ。

歌詞を表現したナンちゃんの振りが見事。


8.Eternal

年初のあれぶりである。今回はもちろん大丈夫。

マベばっかり良い良い言ってるけど、もちろんこの曲も好きで。

怒涛の中にあるこの曲も、ゆったりとした中でのこの曲もどちらもいいのだけど、個人的には余韻に浸りたい曲。


9.Journey

輝きが舞う。

ライティングが面白くて、心の叫びみたいな部分の時は3人を照らすように、未来を見ている時は3人を超えて遠くを照らし。


10.ひかるカケラ

旅で見つけた輝きは、ひかるカケラとなって舞っていた。

本当その通りで、ライトに照らされてひかるカケラが舞っているようで、ね。

どことなく蝶が舞っているようにも見えたり。


11.散歩道

2度と会えない2人。

その選択は誰のものなのか。


朗読劇「トラブル・トラベル・トライセイル」

なんか未来の声のエフェクトが違う、と思ったらまさかの2人の共通思念。敗者である2人はその未来を回避するため最後のトライザップに挑む。

思いっきり25 m走るとは思いませんでしたよ。


12.Truth.

TrySailらしさ、BEATLESSの世界観、Errorとの繋がり、どれもを感じて且つ、うまく混ざり合っていてこんな贅沢な曲があるのか、と。


13.Sail Out

間髪入れずに出航。

船は止まらないのだろうな。この3人である限り。


14.かかわり

やっと聴けた。

サビの振り付けが本当に好き。


15.センパイ。

今日の日替わり曲強すぎでは。

ここで叫ぶファイトは半年ぶりくらいだけど、変わらず後のことを考えていない気がする。


16.Youthful Dreamer

特殊イントロ早着替え。

やっぱり変わったほうがいいと思うなあ。置いていかれる気がして。

ところで、開場前に寄ったとある場所でレジェンドレアなビジョンを見たので攻めたらレベル0でした。


17.High Free Sprits

昨日の傷は癒えていなかった。

ナンちゃんの煽りで何を言ってくれるか楽しみにしてる部分が結構あって、これあってこそのハイスピだなあ、と思っていたりした。


18.コバルト

ハイスピとは対照的。

1人きりじゃ抱えきれないのでこれからもよろしく頼みますよ。


19.disco

可能性は無限大だ!


20.primary

ライブの原点、というか、自分がライブで何よりも思うことって、楽しい、で、それを一番感じられるのが、この曲なのである。


21.adrenaline!!!

なんかもっと過酷にしようとしてません?


22.僕らのシンフォニー

アンコール1曲目に本当に映える。

出会えた奇跡は運命。


23.sewing dream

もともと全く別の反物だったけれども、縫い合わされ1つになると歪ではなく、綺麗だった。


24.WANTED GIRL

捕らわれずに逃げ果せるマスカレイド


ダブルアンコール


25.ひかるカケラ

イントロを聴いた瞬間に、曲の使い方が上手いと思った。

最後の最後で通常版のこの曲は卑怯すぎる。

TrySailのことを一番分かっているのはTrySail自身なのだと、改めて思い知らされた。



栃木2公演、幕張2公演と、少なめの参戦となった(1st tourよりはもちろん多い)今回、どの日も充実感に満ちていて、それだけ3人が全力だったということだし、そうしてくれることにありがたさを感じたり。

思い出の地に新たな思い出を作り、時に過去のリフレインを、時に未来のビジョンを。

同じツアーの公演ではあるけれど、一つとも同じものはなく、それぞれに得たものがあり。

いろいろあったけど、まだまだ挑戦を見続けていたい。




最後に、最高のツアー、ライブを作ってくれたTrySailのお三方、スタッフの皆さんに感謝します。

LAWSON presents TrySail Second Live Tour “The Travels of TrySail” calling at Makuhari Day1

この日は波乱とともに迎えることとなった。

言わずもがな、もそうだが、それ以上に、隣を預けてきた彼が、この場にはいなかった。こんなことが立て続けに起きてしまう、この連鎖をどうにかして打ち破りたかった。

そんな淡い祈りと共に、会場へと向かった。



道すがら、いつもと違う道を選んだ。そこは偶然にも、前にとあるアーティストのリリイベに行った時に通った道。懐かしさを感じるだけだったが、それが今日の出来事を暗示するとは思っていなかった。


MRFes以来となる幕張。ツアーの始まりが告げられた地が、ツアーの最後を飾る。

もう一つの不安は、杞憂に終わると信じていた。そう、信じることを選んだから。


会場入り。すこし寂しさを感じつつ、座る位置を見て愕然とする。そして再び、必ず来いと祈る。


10分遅れで、舞台の幕は上がった。



1.TAILWIND

今日という日を楽しみに歩んできた。まさにこのライブは追い風。

やはり杞憂だった、と安堵する。

そういえば、と衣装に目を向けると、確かに波飛沫。

どうにも今日は、風通りが良かった。


2.whiz

この瞬間楽しもう。


3.Baby My Step

久々のライブで楽しい!ってなっていた曲。

センターに出てきてくれるのがまた良い。


4.バン!バン!!バンザイ!!!

一緒に踊ろうと、始まるのはこの曲。

この一体感が序盤で生まれることは素直に凄いと思うのだ。すでにボルテージはmax。


5.ホントだよ

「みんな大好き!」


6.誓い

ソロトップバッターは天さん。センターステージへ。と思えばまたもやトークが。

ツアーの話か、と思っていたのだが。

2nd album The only blueの発売が決定。そろそろとは思っていたがこうも早いとは。それに、このツアーで2度もリリース発表を見ることになるとは。

ライブの誓いは、どちらかというと天さんの色の方が強いと思う。


7.フワリ、コロリ、カラン、コロン

ナンちゃんはメインステージに。

本当にフリが良くて、すぐ真似したくなる。


8.ハピネスピース

もちょはセンターステージ。

聴くのは初めて。曲が進むたび、なるほど、これは麻倉ももにしか表現できない、と思うのだった。


ウェーブの色はグッズカラーでもある青。東京公演がないことから、今日に天さんカラーを割り当てたそう。


9.Journey

答えはまだ見えないが、必ず見つける。


10.ひかるカケラ

世界が広くとも、この手は伸ばし続ける。


11.散歩道

聴きながら思っていたことがある。

反逆と最後だ。それぞれは別個だ。

共にいることを捨てて、踊らされるこの舞台に、踊らせるやつへの反逆。

2度と出会わない別れからの連想で、ラストライブの最後の曲としての表現。


朗読劇「トラブル・トラベル・トライセイル」

ウェーブの時の話ではないが、千葉公演やら福岡公演のことを話題に出して、天さんの得意な舞台で焼肉券をかけて対決。魚で肉を釣る、ということでその場で走りながら魚の漢字を読む。

当然天さん有利だったのだが、まさかの天さん走り忘れでもちょといい勝負になってしまった。

ナンちゃんは語るまい。


12.Truth.

もちろんBEATLESSは見てます。アナログハックされてる感はある。

初めてフルで聴いたけど本当に良い曲だ。振りも良い。歌詞もしっかりBEATLESSを感じられて、TrySailとしても、BEATLESS OPとしてもおいしい。


13.Sail Out

後半戦出航。

最後に決めるのは自分。この曲から珍しくそんなことを感じていた。


14.オリジナル。

我々は忘れていた。幕張は追加公演であったことを。

今まで日替わりアンコール枠にいたこの曲がついにメイン入り。

やはり大きなステージはいつもと違う…!


15.BraveSail

スクリーンはあるがいつもの映像は無しでなんだか不思議。


16.Youthful Dreamer

特殊イントロの存在がすごく好き。

変化に置いていかれないようにしたいな、と。

最近レベルアップと縁がある。


17.High Free Spirits

最近はいふり好きが周りに増えましてね。一度聴いてもらいたいなあと。


18.コバルト

やはり、変わらねばな、と。


19.disco

discoっぽいライト演出が良い。

上りきった熱をすこし冷ましてくれる、そんな曲。

一進一退しつこく行こう。


20.primary

本当好きだなあこの曲。


21.adrenaline!!!

不思議とこの曲は綺麗なんだよなあ、と。


22.Chip log

アンコール1曲目はまさかの。

電車ごっこのところ、曲調も含めて好きだなあ。


23.明日も晴れる

明日こそは。


24.WANTED GIRL

共に創る。



センターステージが近くて、なんというか圧巻だった。言葉にならないので、まあそういうことだろう。

もちょが観客にマイクを向けたり、天さんがこぶしをきかせていたり、ナンちゃんが観客を煽ったり、そして、3人は笑顔で。

本当に楽しかった。


天さんはまさかの2nd album発表。6th singleに続いてこの瞬間に立ち会うことができてよかった。今回は特に。

1st albumの発表を同時に思い出していた。初めて行ったTrySailのライブで、あの頃は1人で。今日の発表も1人で聞いていて。あの日が巡ってリプライズしているような、そんな感覚だった。

やはり青だったけども、そうだと決めつけるのはやめなければな、と。

これまでや、これから。得たもの得ていくもの、それらと共に、歩んでいければ。




結局、最後まで隣は埋まらなかった。

今日のこと、いったいどう伝えてやればいいのかわからない。

ただ、明日は。

必ず来い。そして一緒に、楽しもう。




 最後に、最高のライブを作ってくれたTrySailのお三方、スタッフの皆さんに感謝します。

ライブというもの

 あれから6年以上が経っているそうである。

 

続きを読む